ブログ
■鹿児島ジュニアラグビーフットボールクラブ 指導の基本方針・各種心得

【指導目的・指導方針】

1.ラグビーの競技精神を体得させ、心身共に強靭な「バランスのとれた人間」を育成する。
2.ラグビーを通じ、幅広い交友関係を築くことで、「社交性」と「協調性」を養う。
3.全てのプレイヤーのスキルアップとキャプテンシーを重視し、個人ではなく、「チームとしての完成度」を高めていく。
4.「上達することの歓び」、「勝利の感動」をクラブ全体で分かち合う。


【指導者心得】

◇ プレイヤー個々の性格や能力を「正確に把握」し、プレイヤーの「ポテンシャルをひき上げる」。
◇「絶対に勝て」ということより、「どうやって勝つのか」を考えて指導する。
◇ 指導やアドバイスは、「論理的」に、そして「分かりやすく」。
◇ 同時に「あれもこれも」と求めない。「段階的に、そして粘り強く」。
◇ プレイヤーの「自主性」を重視。
◇ 練習は、現状からの「ワンランクアップ」を念頭に、そして「工夫」を凝らして。
◇「指導者間の意思統一」で、「システマティックな指導」を。
◇「厳しさ」の中にも「楽しさ」と「豊かさ」を。
◇「安全には万全の体制」をとり、練習中も細心の注意を。


【選手心得】

◇ 上級生が「模範」となり、下級生には優しく、そして、「自分には厳しく」
◇ 自分なりの目標を持ち、これに向かって「ひたむきに」努力する。「妥協禁物」
◇ ラグビーだけでなく、全てに対し「感謝の念」を。
「魂」が宿る「ボール」や「道具」を大切に。
「時間厳守」「整理整頓」の励行。
「礼」に始まり、「礼」に終わる。



『練習は量より質、質より気分』

『今の時間を大事にできない人は、未来の時間もきっと大事にできない』


(いずれも 神戸製鋼ラグビー部ゼネラルマネージャー・元ラグビー日本代表監督 平尾 誠二)





鹿児島ジュニアラグビーフットボールクラブ



このサイトのテキスト・画像の無断転載は禁止します。Copyright KJRFC 2008〜2011 All Rights Reserved.